FC2ブログ
Click Here!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Googleスポンサーサイトの老舗優良出会いサイト「メルモ」はマジメ&エッチな出会いで人気急上昇中です!
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
武富士特報!-人権侵害もへっちゃら、J-CASTニュースのモラルとは?
今日は武富士に関する話題です♪

【PJ 2007年08月17日】- 独自取材といって2ちゃんねるからネタをパクリ続けるなど、言動不一致甚だしいネット掲示板のものまねメディア「J-CASTニュース」。我が輩はこれまでその惨状を「元朝日 クラブ無くなり コピペ記者」や「他のメディアのコンテンツを流用するのではなく」はどうした? J-CASTニュースに物申すという記事でそのことを指摘してきた。

 これらの批判を意識してか、発行人の蜷川真夫氏は発刊1周年を記念して独特の反論を展開。「記事はすべて、社内またはネットワークの記者、ライターによって書くオリジナル原稿である。まだ、取材費も使えないし、原稿料も十分には払えない。でも、手作りに拘っている」などとのたまった。取材費や原稿料が不足しているからといって、他人のふんどし相撲記事を乱発する言い訳にするのはこれこそ詭弁(きべん)。



噴飯ものとは蜷川氏のマインドセットそのものだ。

 こんな仰天メディアなのだが、PJニュースで植草氏の記事を読んでいると、関連記事としてJ-CASTの記事が添えられていた。それを読むと、驚くべき体質が浮かんできた。人権侵害もへっちゃら、おもしろおかしくあれば何でもいいという態度である。植草氏関連では、たとえば、「ミラーマン逮捕は国策捜査」 元米誌支局長主張という記事など、「ミラーマン」といった表現で植草氏を揶揄(やゆ)している。虚報や誹謗中傷の体質がしみこんでいる「夕刊フジ」と同じアナのムジナなのだ。

 続きもある。この記事、タイトルに「ミラーマン」とあり、あたかも元米誌編集長のフルフォード氏が発言したかのような印象を受けるが、当のフルフォード氏は「ミラーマン」などと表現していない。当のJ-CAST記事がそれを証明しているから、なんとも皮肉だ。こんなデタラメ手法で人権侵害の2次被害を広げているのがJ-CASTニュースなのである...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)





タグ:
スポンサーサイト


Googleスポンサーサイトの老舗優良出会いサイト「メルモ」はマジメ&エッチな出会いで人気急上昇中です!
【2007/08/23 07:41 】 | 芸能関連ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<アイドルって知ってます? | ホーム | ローンの話題なら・・・DJ-「キャリー取引の解消」がすべてを説明はしない(1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。