FC2ブログ
Click Here!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Googleスポンサーサイトの老舗優良出会いサイト「メルモ」はマジメ&エッチな出会いで人気急上昇中です!
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ローンの話題なら・・・DJ-「キャリー取引の解消」がすべてを説明はしない(1)
今日はローンに関する話題です♪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070816-00000026-dwj-brf
ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)「キャリー取引の解消」という言葉には不吉な響きがあり、ここ数週間の外国為替市場の動きを説明する際に何度も用いられたが、ほかに説明できる方法があるかもしれない。3週間前に市場の動きが不安定になり始めて以来、米サブプライムモーゲージ(信用力の低い個人向け住宅ローン)の問題は世界中の流動性を低下させた。外為市場では、主要通貨に対する円相場の上昇が目立っている。これは、 円などの低金利通貨を借りて英ポンドや米ドルなどの高金利通貨で運用するキャリー取引に投資していた目先筋が、市場の不安定な値動きでこれまでの利益が帳消しになることを懸念し、持ち高の解消を急いだためだ。



したがって、「キャリー取引の解消」という説明は正しいと言える。結局のところ、8月に最も大きく下げている通貨は、オーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルであることは間違いない。これらの通貨はキャリー取引の恩恵を最も受けていたので、キャリー取引の解消が進むのに伴い、最も打撃を受けるのは至極当然だ。しかし、15日に重要な変化が起きた。不安定な市況に持ちこたえてきた新興市場国通貨も、下落し始めたのだ。米ドルはブラジル・レアルに対して、3月以来はじめて2.00ブラジル・レアルを突破した。また、米ドルは南アフリカ・ランドに対して、最近のレンジである7.00ランド~7.20ランドを抜け、7.40ランドをつけた。キャリー取引の解消という説明が、突然意味をなさなくなった。「われわれは次の段階に移った。ファンダメンタルズ(基礎的諸条件)が健全で、構造的に堅調だとして保有されていた持ち高が、いまや解消され始めている」とコモンウェルス銀行のチーフストラテジスト、ディビヤン・シャー氏は言う。当然ながら、新興市場国通貨は世界で最も安全な持ち高ではないが、キャリー取引と比べると手堅いと考えられてきたとアナリストは言う...

ニュースの続きを読む





タグ:
スポンサーサイト


Googleスポンサーサイトの老舗優良出会いサイト「メルモ」はマジメ&エッチな出会いで人気急上昇中です!
【2007/08/16 23:37 】 | 芸能関連ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<武富士特報!-人権侵害もへっちゃら、J-CASTニュースのモラルとは? | ホーム | ローンピックアップ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。