FC2ブログ
Click Here!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Googleスポンサーサイトの老舗優良出会いサイト「メルモ」はマジメ&エッチな出会いで人気急上昇中です!
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ローンの・・・今週の外為市場、引き続き円買い戻しの展開に
今日はローンに関する話題です♪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070813-00000412-reu-bus_all
 [東京 13日 ロイター] 今週の外為市場は、日銀金融政策決定会合(22、23日)を控え、世界的な信用収縮懸念のきっかけとなった米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題の広がりが、最大の焦点となりそうだ。今週は全般的に円キャリー巻き戻しから、円買い戻しが進みやすい地合いになるとみられている。また、週明け13日発表の4─6月期の実質国内総生産(GDP)1次速報は、足元の消費者物価指数(CPI)が弱かっただけに、今後の金融政策を占ううえで注目される。
 予想レンジはドル/円が116.30─119.50円、ユーロ/ドルが1.3500―1.3850ドル。 
 <サブプライム問題の市場に与える広がりが焦点>
 米サブプライムローン問題が欧州に飛び火しているとの懸念が再燃し、10日の金融市場では世界的にリスク解消の動きが強まり、東京市場で円が大きく買い戻された。



その後の海外市場でもドル/円は一時117円前半まで買われたが、米連邦準備理事会(FRB)によるオペで市場が沈静化されると、逆にドルが買われた。
 みずほ総研経済調査部シニアアナリストの吉田健一郎氏は、13日から始まる週の外為市場について「欧米で信用収縮の動きが起き、かつ株式市場の下落圧力がくすぶるなか、円キャリー取引の巻き戻しという観点から円は買い進まれやすい」と指摘する。
 市場には、7月29日の参院選での与党惨敗を受け、日銀が利上げに踏み切れないとの見方もあるが、「与党惨敗よりもサブプライム問題の方が金融政策に影響するのではないか」(国内金融機関)との見方もある。仏BNPパリバ<BNPP.PA>が米サブプライムモーゲージ問題に絡んだ一部ファンドの凍結を発表したが、ある外銀関係者は「市場の規模を考えれば、BNPパリバ以外にも手掛けているところはある」と指摘、この問題の根深さを強調する...

ニュースの続きを読む





タグ:
スポンサーサイト


Googleスポンサーサイトの老舗優良出会いサイト「メルモ」はマジメ&エッチな出会いで人気急上昇中です!
【2007/08/13 11:50 】 | 芸能関連ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<アイドルについてのメモ。 | ホーム | ディック特報!-DJ-NYSE騰落率上位銘柄>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。