FC2ブログ
Click Here!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Googleスポンサーサイトの老舗優良出会いサイト「メルモ」はマジメ&エッチな出会いで人気急上昇中です!
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
今日のローン。FRBは引き続き市場を注視、緊急対応は見込み薄
今日はローンに関する話題です♪

 [ワシントン 9日 ロイター] 信用収縮懸念の高まりを背景にした9日の市場の混乱が米連邦準備理事会(FRB)の注意を引いたことは間違いないが、銀行システムや米経済の安定を脅かさない限り、FRBがすぐに何らかの手を打つ可能性は低いとエコノミストらはみている。
 バンク・オブ・アメリカ・キャピタル・マネジメントの主任エコノミスト、リン・リーザー氏は「FRBは状況を注意深く見守っていると思う。しかし現時点で、戦略を変更する態勢にはないだろう」と述べた。
 9日には米サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅融資)問題が欧州にも飛び火し、欧州中央銀行(ECB)は市場の不安沈静化に向けて記録的な額の資金を短期金融市場に供給。株式市場が急落する一方で、FRBによる緊急利下げへの期待感から金利先物は急伸した。




 この日は、フランスの銀行大手BNPパリバ<BNPP.PA>が米サブプライムローン市場の混乱を理由に運用資産総額16億ユーロ(22億ドル)相当の傘下3ファンドを凍結したことをきっかけに短期金融市場で信用収縮懸念が一気に高まり、ECBが不安払しょくに動いた。
 リーザー氏は「クレジット市場が機能不全となり、システミックリスクが高まっていると認識すれば、FRBは動くだろう。目下のところ、そのシナリオはない」と述べた。
 FRBはかねてから金融市場のクレジットリスク価格が低過ぎると感じており、このところの市場の混乱にもかかわらず見解を変えていないというシグナルを7日の連邦公開市場委員会(FOMC)で送った、と指摘する向きもいる。
 元FRBのエコノミストで現在バークレイズ・キャピタルの米国担当主任エコノミストのディーン・マキ氏は「FRBは今週のFOMC声明で、市場の混乱はFRBの景気判断の基本線を変えさせる事態には至っていないということを明確に示した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)





タグ:
スポンサーサイト


Googleスポンサーサイトの老舗優良出会いサイト「メルモ」はマジメ&エッチな出会いで人気急上昇中です!
【2007/08/10 20:24 】 | 芸能関連ニュース | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<子役の話題なら・・・石黒賢、アキレス腱断裂していた…ギプス姿でドラマ会見に登場 | ホーム | アイフルについてのメモ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。